既卒生の方へ

RECだからこそ出来る受験勉強プランで憧れの志望大学へ

現役高校生に比べて、一度挫折を経験している既卒生は、悔しい思いをした分「来年こそは!」という意識が強いことでしょう。
更に現役高校生や社会人の方に比べて、時間を有効に使う事ができるのが、既卒生の強みです。

時間を効率的に使いながら、あなたに合った受験勉強プランを!

10:00~21:00まで自分専用のデスクで学習可能なRECでは、映像授業とドリル演習・個別指導を利用した「自分だけの効率的な学習計画」を作ることができます。

[やる気」のある受験生であれば
「継続すれば志望大学に合格できるであろう計画」を立てることはできます。

しかし、合格するために最も大切なのは「やる気」ですが、その「やる気」が空回りしてしまう受験生もたくさん見受けられます。

たとえば、いきなり無理な計画を立てて継続できなかったり、授業を受けることだけが目的になってしまったり、・・・気がつけば時間だけが過ぎて、たいして実力がつかず受験を迎えることになる・・・そのような受験生も多いのではないでしょうか。
だからこそ、既卒生にとって、「無理のない効率的な学習計画」を立てることはとても大事なことなのです。 つまり、
いかに「自分に合った」学習計画を作れるか、そしていかにその計画を継続して推進できるかがカギになってくるのです。

RECでは
自らの意志を尊重して相談しながら「個人に合わせた学習計画」を立てていきます。

既卒生の通う予備校の多くは「クラス授業」が主になります。だから予備校に通う生徒はその授業の予習復習に追われてしまいます。そして単語を覚えたり問題演習をしたりといった「受験生にとって一番力のいる学習」がおろそかになりがちです。
RECではクラス授業はおこなわず、その「受験生にとって一番力のいる学習」を主に計画を立てるようにしています。

志望大学のレベル、現在の学力だけでなく家庭環境や性格によっても「学習計画」は異なります。
単語・熟語を暗記しなければならない生徒、
問題演習を繰り返さなければならない生徒、
基礎をがっちり固めなければならない生徒・・・それぞれがそれぞれ自分の課題を持って学習していくことこそが最も効率的な勉強方法だと考えます。
・・・そしてあくまで自分の課題を効率的に学習するために、映像授業や個別指導、ドリル演習などを活用してもらいたいと思うのです。

学習方法に王道はありません。受験勉強をするのは受験生自身です。RECでは受験生に効率的に勉強するための学習環境を最大限に提供していきたいと考えております。