スタッフBLOG

あれから5年2016年03月11日

東日本大震災からちょうど5年が経ちました。

震災で亡くなった方々、いまでもまだその影響によって被害を受けている方々。

僕は運良く東京にいたので、被害は受けましたが大事には至りませんでした。家族や親せきを失うことはありませんでしたし、五体満足で生活させていただいています。本当に生きてるだけで幸せだと思います。

こうやって生き残った僕らにはきっとやらなければならない使命があるはずです。

自分の人生を見つめ直して、もし今日東京で震災が起こって自分の人生が終わってしまうとしたら、今まで生きてきた人生になにも悔いはなかったか。今日病気で自分が死んでしまうとしたら、今日行った行動になにも後悔はしないで済むか。

また後悔をしないような、成功と言い切れる人生とはどんなものなのか。

お金を沢山稼ぐことなのか。友達と一緒に遊び続けることなのか。彼氏、彼女と上手くやっていくことなのか。なにか人のために役に立つように行動をすることなのか。

まさにいろいろなことを考えさせられる日になったのではないでしょうか。

 

 

僕は自分自身、足りない頭を目いっぱい使い、後悔しないような人生を考えました。それは上に書いたものではありませんでした。ただ、上で書いたことも大切なことで、人それぞれ価値観も違うので、この先は一人の人間の意見として、見ていただけると幸いです。

僕の行き着いた答えは「自分の意志を後世に残すことです」。もうその方法も頭に思い浮かべています。

この先どんな困難が待とうと、僕はそれを享受して、前に進んで行こうと思います。

 

皆さまにとっても、今日という日がなにか意味を持つ、そんな日になって頂けたら嬉しいですし、こんななにも痛みを分かっていない若者の意見ですが、これを読んでなにかを感じて頂けたなら幸いです。

 

それでは、失礼致します。

 

 

 

 

上田