スタッフBLOG

お金の話2014年09月02日

こんばんは、チューターの山中です。

また暑くなってきましたね。つらいです。

 

研究について書くとは言いましたが、あまり面白くないことばかりなので、皆が大好きなお金の話をしようと思います。

 僕はレーザーに関する研究をしていると以前書きましたが、そのレーザーっていくらすると思いますか?

 

金額はバラバラですが、僕らが使っているレーザーは数千万円もします。

当然いいものを使った方がいい結果が出ますし、研究の幅も広がります。

もちろん研究内容によってはあまりお金を使わなくてもいいものもありますが、いわゆる自然科学系の研究を行うのであれば、研究予算というものが極めて重要になってきます。

その予算というのは大学または国から出るわけですが、どれだけの予算を引っ張ってこれるかは教授の力や研究室の成果にかかわっています。

大学でお金のかかりそうな研究をしたいと思っている理系の受験生の皆さんは、単純に偏差値を見るのではなくこの辺まで考えて目指す大学、学部を考えてみてもいいんじゃないでしょうか。

 

大学院から東大を目指す人が多いのもこの辺が関係してたりしてなかったり…

 院試のチューターの皆さんは頑張ってください。

 

次回はまた別の角度でお金の話をします。

でももし忙しかったら…