スタッフBLOG

ご無沙汰しております。2016年10月22日

こんばんは、実に3週間ぶりのチューターです。先輩の結婚式などで2回もお休みしていました。どうもすみません。

 

そんな先輩の結婚式で面白いことがあったので書いていきますね。(自らハードルを上げていくスタイル)

 

先輩の結婚式(の2次会)には研究室の同期(男)も来ていました。

2次会では「スマートカジュアル」以上のドレスコードが指定されていたので(どれぐらいキチッとしたカッコをすればいいかの目安)

僕はネクタイなしのスーツでウロウロしていたのですが

なんと僕の同期(男)はスポーツシャツにパーカーという出で立ちで会場に現れたのです…。

 

通常ドレスコードと書かれるときは

どんなにラフなカッコでも服の「襟」があるものをセレクトするのが通例(多分。少なくとも男性の場合は。)なので

同期(男)のカッコは、結婚式の2次会会場でもひときわ異彩を放っていました。

 

同期(男)に

「ドレスコードって知ってる?」

と聞いたのですが

「招待状に書いてあった文字で読んだのは「出席」「欠席」だけだったんだよね」

と明るく返されました。

 

 

そんななか、2次会が進んでいたのですが

結婚披露宴が神前ということもあり、 2次会ではケーキ入刀とファーストバイトが行われました。

続けてブーケトスが執り行われることになったので

僕は新婦がブーケを投げる方向と反対側に陣取って様子を見ていました。

 

すると、ブーケを投げる新婦の向こうに、

ブーケを欲しがる女性陣(多分新婦のお友達の方々)と

その後ろにさらに物見遊山の男性陣がいて

同期のスポーツシャツの男はそのなかでも一番後ろでぼんやり立っていました。

 

そんな中、新婦が勢いをつけてブーケを投げたのですが

飛距離の伸びる加工を施されたのではと疑うほどブーケは大きな弧を描き

ブーケを欲しがる女性陣の最前列を瞬く間に駆け抜けた次の瞬間には

女性陣の最後尾まで2.5mほどの高さの余裕をもって通り越し

そのまま男性陣の頭上をかわして

 

 

 

同期(男)の手に収まりました。

 

 

会場は何が起きたのかわからない女性陣と

一部始終を見ていた男性陣の大歓声(お酒が入っていたので)に包まれ

同期(男)はその結婚式の2次会の(男性陣だけの)ヒーローになりました。

 

はい、とてもしょうもない話でしたね。

とりあえず今日はこんなところで。

 

河合