スタッフBLOG

そろそろ夏休みですね!2014年07月15日

みなさんお久しぶりです。チューターの河合です。

 タイトルにも書いたようにそろそろ夏休みです。

受験生は夏の模試が迫ってきていて,

そうでない生徒は今ぐらいが期末試験の時期なんでしょうか。

 

夏の模試は実力試しにちょうどいいですね。

全国のライバルと成績を競い合える数少ない機会です。

但し見方を間違えるとその後の成績が伸び悩んだり

逆に直前期にグングン成績が伸びたりするので気を付けましょう。

 

僕自身はこの現象に3つの原因があると思っています。それは

1.この時期の成績上位者はみんなよりも進度の早い(ほぼ試験範囲をマスターしている)浪人生だったり進学校の一部の生徒が多い

2.模試によっては,試験範囲を現役生に合わせていたり(理系なら数学3などの試験範囲が若干手加減されていたり)する。

3.各科目で,基礎ができていてもすぐには点数に結びつかない科目がある

この3つです。

さて,

1.は当たり前のように思えますし

2.も「受験範囲全体」ではなく「今まで現役生が勉強してきた(であろう)範囲」での成績を考えているのだとすれば,模試の成績や結果が入試本番の成績をそのまま予想できるわけではないのはその通りですね。

ここで問題なのが3.です。基礎ができていてもすぐに点数に結びつかない科目がいくつかあります。 個人的な代表例としては ・英語 ・数学 ・国語 といった主要科目にこの傾向が多いように思います。 (理科や社会は一程度暗記の要素があって,入試問題でもその暗記が出来ているかを問われることがあるので比較的点数に結びつきやすいと思います。)

一生懸命単語を暗記しているけど,一生懸命英文法の問題集をやっているけど長文で壊滅。英文法問題が解けない。 一生懸命公式を覚えて問題もそこそこ解けるようにしたけど記述模試を受けてみたら全然結果が思わしくなかった。

古文,漢文の文法語法事項を覚えたけど文章を正しく試験時間内に読みとりきれない。

これら3教科に共通して言えるのが,「基礎」は本当に「前提」として余裕でわかっていないといけないということです。 応用問題としての長文や数学の記述問題が解けない というのは 実はその前提の基礎が甘い,ということになります。

覚えたつもりの英単語,スラスラ意味が出てきますか?

覚えた語法,同じ語法を取る英単語をまとめて書けますか?

数学の公式,前提条件の文章からその式の意味まで迷いなく書けますか?

古文の敬語,謙譲なのか尊敬なのか,それぞれの意味がどのようになるか覚えていますか?

などなどいろいろありますが

「えーっと…」と言いよどんでしまったらそれは黄色信号です。

そして,これらの科目はこういった前提条件をほぼ完璧にマスターして初めて点数が伸びていくのです。

面倒くさいからと言って点数の伸び悩む主要教科から逃げてはいけないのです。

受験直前期までにその前提をマスターすれば,そこから主要教科はグングン伸びていきます。 理科社会が暗記をすれば比較的簡単に実力が伸びることと合わせて考えると

1.主要教科の基礎の勉強を怠らずに完璧にし

2.並行して点数を伸ばしやすい理科と社会を年内中にある程度のレベルまで完成させれば 年明け前後くらいから実力は急激に伸びるはずです。

これからの夏休み,一番じっくり基礎に取り組めるいい機会だと思います。

退屈だし,多分夏の模試ではその勉強分はあまり成績に結びつかないとは思いますが

是非基本的なところを見直してください。