スタッフBLOG

もう11月半ば2016年11月16日

こんにちは、チューターの野村です。

私は大学生なのですが、授業の中には少人数で討論形式で行うものがあります。

そのなかでよく先生が質問はないか?意見はないか?などと聞いてきます。

しかし私を含め、生徒のほとんどは口を閉ざし目線は自分の膝の上。

教室内は沈黙が貫かれるか、一部の生徒と先生の1対1の会話が繰り広げられるかです。

黙っている人のほとんどは意見だって持っているし、分からないこともあるのです。

では、何故聞かないのか。

この理由は分かりませんが、おそらく言わなくてもどうにかなると思っているからではないでしょうか。

 

私の場合は授業なので、質問や主張をしなくてもただ貴重な機会を失うだけですみますが、

受験生の場合は少し異なります。

もし、「聞かなくてもなんとかなるや」「あとで自分でかんがえよ」などと思い

質問する機会を利用せず、試験本番で質問しなかったところがでてきたら。。。。。

絶望ですね。

 

わからない所は聞いていきましょう!チューターでも学校の先生でも誰でもいいのです。

自分で考えることも大事ですが、それでも分からなかったら人を頼るというのも効率的であると私は思いますヨ。

 

野村