スタッフBLOG

センターの思い出2015年01月13日

こんばんは。チューターの牧野です。

2日連続新年3日目のブログ更新であります。

センター試験も近いのでセンターであったエピソードでもと思ったのですが、あいにくおもしろいエピソードがありません・・・

 

というわけで僕が受験時に言われたアドバイスについて書いておきます。全員に当てはまるものではないと思いますが、プレッシャー等に弱い人は気を付けておいたほうがいい話ではないかと思います。

 

どんなアドバイスかというと「1日目に自己採点をしない」というものです。

 

センターはマーク式なので簡単に自己採点することができますが、2日目がある人は1日目が終わった後自己採点や新聞の講評などは読まない方がいいとよく言われています。

1日目の出来が悪くて採点したところで翌日〇〇点以上取らなきゃとか、〇ミスまでしかできない。といったプレッシャーで自分を追い込むだけですし、良かったとしても慢心が生まれてしまうからだそうです。

自己採点をしたところでテストの結果は変わりませんから、試験日は心を掻き乱す余計な情報はシャットアウトしておくとよいでしょう。

 

また、余計な情報というと、試験場で「今日の試験は簡単だった」とか「楽勝だった」とかそういう法螺を聞くことがあるかと思いますが

こういった情報も「あっそう」くらいの気持ちでさらっと受け流しておきましょう。こういった虚言を使ってまわりの受験生を精神的に追い込もうとしているんだ。くらいの上から目線な気持ちでいれば問題ありません。

 

まぁなにはともあれ、自分を信じて意志を強く持っていれば、おのずと結果はついてくるものです。

では、頑張ってください!!