スタッフBLOG

ポケモンゴと荻生徂徠2016年08月27日

こんにちは、チューターの野村です。

諸事情により一ヶ月もの間こちらでの業務をお休みさせていただきました。

ご迷惑をお掛けしました。

 

つい最近田舎から帰ってきたのですが、一つ驚くことがありました。

みんなポケモンゴをしていない!!

一体どういうことでしょう、私が田舎へ帰る寸前にポケモンゴはリリースされたのですが

その時の熱狂振りといえば酷いものでした。吉祥寺の道路がポケモンゴをする人々で埋め尽くされ、

わたしは日本の崩壊ノ序曲をこの耳に感じざるをえませんでした。

しかし、かえってくると誰もやっていないではないですか!

 

さすが江戸っ子、流行り者にはすぐ反応してすぐ飽きるのでしょうか。

 

こうしてみると少しの間でも世の中は激変するのですね。

 

そのことについて荻生徂徠のことを思い出しました。

 

荻生徂徠は江戸で幼少期を過ごしたのですが、突然田舎に10年以上流されてしまったのです。

そして江戸に帰ってきた時に江戸の変貌ぶりに驚いたそうです。

彼は、世の中の移ろいの早さを経験しそこから、物事の真理を見出そうとして、かの独特な学問をうちたてたのかもしれないなと

とおい江戸の世に思いを馳せてしまいます。

 

それから数百年たっても、何も変わっていないのですね。

むしろ世の移ろう早さはますます加速しているようです。

 

新しいものばかり追いかけて、すぐに昔のものは忘れてしまう。

思い出したければ、ネットワークの網を利用して動画なりテキストなりを調べればよいのですから、。、、

 

そんな現代人は何か普遍の真実を見落とすようになっているのかもしれないですね。

 

時には心をむなしくして、それがなんなのか考えたいものです。。。。。