スタッフBLOG

ヨーロッパ2015年09月09日

こんにちは!お久ぶりです。チューターの牧野です。

1ヶ月くらいRECからお休みをいただいて海外などに行っておりました。

 

その中でも8月下旬に行ったヨーロッパの旅行について書きたいと思います。

今回はしっかりお土産も買ってきました。みなさんどうぞ!

 

何から書いていいやらと言う感じですが、行った国はフランスとイタリアです。

ただ目的が普通の観光ではなく

僕が大学時代やっていたオリエンテーリングの大会に参加することだったので、観光できたのはパリ1日とトリノ1日だけでした。

 

まずパリに行って電車でトリノへ移動して、仏伊国境付近で開催される3日間の大会に参加後、そのままトリノから帰国というスケジュールでした。

 

結構研究やら学会やらで海外には行っていたんですが、アジア・オセアニア圏からの脱出は初めてで、時差とか結構ビビってました

日本を午前中に出発して12時間のフライトで午後のヨーロッパにつくイメージです。(現地15時日本22時みたいな感じです)

なので、時差調整の為

・出国前日オールしてフライトで半分くらい寝る

もしくは

・頑張って現地時間の夜まで起き続ける

の二つの選択肢がありました。

なんか後者は無理な気がしたので前者にしたのですが、

乗っていたフライトに問題があってこのプランは全然役に立たずでした。

 

 

 

実は僕が乗るはずだった飛行機が欠航してしまいました。。

今まで国際線も20回以上乗っていると思うのですが、こんな経験は初めてです。

 

しかも前日にわかるとかじゃなくて飛び始めてしばらくした後にアナウンスが入って、成田に戻ります。と・・・

前述の時差調整の話もあってアイマスク・耳栓代わりのイヤホン装備して熟睡してたら機内があわただしくなっていてよく聞いてみるとそんな話になっていました

その上、燃料が多すぎて成田の着陸限界重量を超えているとかで、新潟上空で1時間以上燃料を撒き散らしてようやく成田に戻ることができました。

どうやら翼のフラップ(どういう部分かわかりませんが、)が故障しているとかで、戻っても修理はできず、なぜか成田で機内食が振舞われ、欠航が決まりました。

 

まぁ墜落しなかったから全然いいんですが、面倒だったのはその後。

航空会社カウンターは大渋滞で、結局代わりの便が見つかったのが17時半とかで、散々な目に会いました。(ちなみに離陸は10時)

 

なんとか半日遅れで翌朝にパリに到着することができたので、旅程には大きな影響は無かったのですが、パリで待ち合わせていた友達1人(僕とは別便)が僕の便が欠航となったという情報も入手できぬまま、空港で途方に暮れてしまって、さらにそこからホテルまで1人で行くのが相当に大変だったようです。

 

時差調整も色々考えたけど、とりあえずフライト中全て寝るというのにしてみたら案外OKでした。

 

 

まー終わってみれば旅行は楽しかったから良かったんですが、飛行機怖いですね。

 

そして、僕のパスポートには珍しい「出国中止」というスタンプが記念に残りました。すげー大変だったけど若干うれしい。

 

まだ旅行の中身に全く触れてませんが、結構長くなってしまったので、続きはまたの機会に。

では。