スタッフBLOG

一般性と特殊性のはなし(単純な話です)2016年10月11日

こんにちは。

いきなりですが、プログラミングの話です。

あるタスクを解決するときに、タスクを固定してしまえば、それに合わせてチューニングして最適な形を見つければ賢く計算することができます。

しかし、それはその用途にしか使えなくなってしまい、他に流用することが難しくなってしまいます。

逆にいろいろな用途で使えるものを作ろうとすると、それを作るのは難しいし、使うときに大変な思いをします。

例で例えるならば、文化祭で会計をコンピュータでやろうとしたとき、専用のソフトを作ってしまえば簡単に計算はできますが、労力が大きくなってしまいますし再利用は難しいです。エクセルを簡易に使おうとすれば、どこを計算してというのを考えなければなりません。さらに、エクセルでいろいろ関数を使って色々自動的に計算させるようにシートを作れば便利ですが、それはやっぱり他では使えなくなります。

この問題は、いかに広い形でしかし、条件を厳しく対象の問題を定めるか、という問題ですね。

うーん、悩ましい。