スタッフBLOG

人に伝えるということ2015年08月03日

チューターの田村です。

自分が理解している事と、人に伝えることは全く別物なのだと感じます。

自分が理解するだけなら、自分なりの理解に落とし込んで、その事象のイメージを掴めればそれで十分なのですが、人に伝えるとなると、誰でも理解できるようなイメージを作らなければいけません。

ですが、相手に伝わった時は自分が理解できたときとは別の嬉しさがあります。

 

問題を解いていて、つまってしまってどうしようもない、なんとなく問題は解けるけどイメージが掴みきれてない、という場合には「ここが分からない」だけでなく、チューターの先生にどういうイメージをしているか等聞いてみると違った捉え方があったりして、それもおもしろいと思います。