スタッフBLOG

今日はまともなこと書きます2015年01月16日

だって明日はセンター試験ですからね!!!!

(いつも真剣には書いているのですが・・・他の人を読んで絶望感に打ちひしがれたのはまた別のときに。)

 

と言っても、そんな良いアドバイスもできないので、体験談も交えつつ、思ったことを書きます。

 

一つ目は、「緊張しないようにしよう」と思わないこと。緊張します。当たり前です。おなかこわします。そんなもんです。

みんな「それも折りこみ済み」でテストに向かっているので、たとえ精神状況および体調がぼろっぼろでも、「自分が不利だ」とは思わないでください。

私も、おなかは痛いし、神経痛はするし、数2Bが解き終わらなくて(そう解き終わらなかったです。どうしても計算結果が、指定されている欄数に合わなくて、半狂乱でした。)休み時間にお手洗いで号泣しながら受験していましたが、それでも何とかここにいます。

ベストのパフォーマンスは出せずとも、全員ベストスコアなんて出せっこないので、「それで落ちるほど」こけるということもまた無いのです。

そういうものです。頑張るしかないので、頑張ってください。

 

二つ目は、これはその人にもよるのですが、周りと答え合わせしないことでしょうか。

私は通っている高校が通っている高校だったので(本当に学校受験が死ぬほど嫌でした)、無情にも答え合わせする輩が何名かいたのですが、

ひたすら聞かないようにしていましたし、余裕ぶることもせず(だって余裕なかったし)、直前まで、ぎりっぎりまで問題集の復習していました。

もちろん答え合わせしたい人はすればいいのですが、それで違っていて不安にかられてしまったら本当にもったいないです。

その時、自分がベストの答案を書くためにできることを、してください。

 

三つ目は、これは受験後の話ですが、「センターはあくまでもセンターだ」ということです。

もちろん、足切などもあるので軽視することはできませんが、足切されてしまったら、そもそも残りの一か月で本試験が受かるだけ実力をのばせるということはありません。

逆に言うと、足切されなかったら、まだ戦える場にあるということです。

私はセンター結構失敗して、東大の後期試験に出願できませんでしたし、採点結果を見てリビングで再び号泣して、家族の誰も話しかけられないなんて状況でしたが(迷惑すぎる)、

それでも残りの一か月で何とか間に合いました。

そう、こういう人間もいるので、センターが余裕だった人は、油断をしないことも大切だと思います。

自分で言うのもなんですが、火事場の馬鹿力ってあるんです・・・(なお頼りすぎないことがおすすめ。)

 

こんなところでしょうか。

最後に!!

とにかくあったかくして、風邪を引かないようにすることです。

私は学校の制服が嫌いだったということもありますが、

自分のお気に入りの服に、もっこももこのポンチョを来て受験していました。(ポンチョはひざかけにもなった。)

不安なときにポンチョをにぎりしめていて安心していた記憶があります・・・子供っぽい??頼れるものはなんでも頼りますよ!!

あとはよく寝ること。まあ眠れなくとも、おふとんにきちんと入れば体は休まるので大丈夫です。

 

そんな感じです。

では、頑張ってきてください!!!