スタッフBLOG

勉強という贅沢2016年06月23日

富井です

イギリスのeu離脱問題の国民投票当日ですね

イギリスは離脱するべきなのか?残留するべきなのか?

イギリス国民にとっては将来に関わる重大な決断ですがイギリス国内では残留、離脱両派ともに理性ではなく感情に訴えるような言説に走っているようです

大切な問題なのでそれではいけない、理性的に考えなければならない、と批判するのは容易いですが、イギリスは厳格な階級社会で下層階級はまともな教育を受けられないので理屈で考えることができないのですね

対して日本は階級社会がイギリスほど厳しくなく、かなりの人が一定水準の教育を受けることが出来るので、イギリスのように理屈で考えることが不可能という訳ではないはずです

日本に生まれ、受験勉強をさせて貰えるというのは実はとてもありがたいことなんですね

説教じみてしまってすみません、次回から平常運転します(笑