スタッフBLOG

就職活動2013年05月24日

こんにちは、チューターのY・Kです。

私は現在大学4年生でして、4月に就職活動を終えて復帰してまいりました。

現在就職活動中の人、これから就職活動を控えている人に少しでもアドバイスになればいいなと思います。

就職活動を通じて一番大事だなと思ったことは、「できるだけ多くの人の話を聞く」ということです。

興味のある会社の先輩、大学の友達、大学の就職キャリア事務室のスタッフ、就職支援サイトのセミナー、アルバイトの上司、家族、親戚などなど、自分の周りにはたくさん応援してくれる人がいました。

こうした人々の話を聞くのが一番大切だと感じました。

なぜかというと、就職活動に正解がないからです。

大学入試や高校入試というのは、答えがあって、それに向かって計画を立てて、試験で正解を選ぶことが出来れば、合格できます。

でも就職活動は、「これをやれば内定がもらえる」なんてことはないんです。

だから、身の回りにいる人からたくさんアドバイスをもらって、それを参考に自分なりの就職活動を行っていけば、きっと納得いく答えがでると思います。

しかし、逆に人の話を聞きすぎるのもよくないです。

あくまで参考にして、自分が納得できるように、自分で考え、行動する。

これが大切です。

とまあこんな感じで書きましたが、私も大手企業ばかりに書類を提出して、撃沈されまくっていたのですが・・・w

最後に学歴フィルターというものについて述べたいと思います。

残念ながら、現在の日本ではどんなに優れた人であっても、大学名で選考に進めたり進めなかったり、というのが現状だと思います。

学閥が存在したり、〇〇大学じゃないと説明会にすら参加できないといった話も聞きました。

就職するために大学があるというわけではありませんが、偏差値の高い大学に行けば、可能性が広がるというのは間違いないと思います。

だからこそ、やりたいことや夢が決まっていない受験生には、その可能性を広げるためにも、できるだけレベルが高い(!?)とみなされる大学に行ってほしいと思います。

もちろん、大企業に行くことがゴールではないですし、やりたいことが明確な方は、それを実現できる進路選びをすればよいと思います。

ただ、勉強にモチベーションが持てない人だったり、なんとなーく生きている人には、こういう現実を知った上で、自分の進路を考えてほしいと思います。

REC member’s schoolには、いろんな大学・様々な経験をしてきたチューターがたくさんいます。

もちろん、私もいますので、よかったら一度お話しませんか?

雰囲気を気に入ってもらえたなら、一緒に勉強がんばりましょう!