スタッフBLOG

息抜き2016年05月18日

 

 こんにちは、チューターの平尾です。

 勉強の進み具合はいかがでしょうか。暑くなってきて、少し疲れも出てくる時期だと思います。ずっと厳しく勉強することも大切ですが、たまには息抜きも必要でしょう。

 余談になりますが、中世ヨーロッパのキリスト教徒に対しては、どのようなイメージを持っているでしょうか。中世の宗教というと厳格に思えるかもしれませんが、意外とそうでもない部分もありました。当時は、四旬節という肉などを食べてはいけない期間があり、その時期は、皆魚を食べていました。よく食べられていたのはニシンですが、期間は40日ほどと長く、ずっと魚ばかりでは飽きてしまいました。魚の合間の気分転換なのかはわかりませんが、当時の迷信にビーバーの後ろ足と尻尾は魚なので、四旬節中でも食べてもいいというものがありました。今の考えでは到底信じられませんが、当時の人々はそのように考えていたそうです。もしかすると、厳しい断食期間の逃げ道として、このようなことが言われ始めたのかもしれませんね。

 皆さんも受験勉強は大変だとは思いますが、たまには息抜きもしつつ頑張ってください。