スタッフBLOG

振り返り2016年12月22日

こんにちは、伊達です。

今年最後ということで振り返りを少し。

 

二十歳を迎えて、まだまだ大学2年生と言えども確実に大人へ仲間入りしたことで、

自分の責任と義務、周囲からの期待に応えるための努力とその成果について、などと、

どうすれば社会へ貢献できるか、どうすれば自らをより活かすことができるか、

といったことを考え始めた一年だったように思います。

 

進学先が内定しますます自分の将来像が鮮明になりだしたこの時期に、果たして何をするべきなのかは

十分すぎるほど与えられた時間の中で少しは自分なりの答えを持てたのではと思っています。

 

夏に膝の手術をして、今もリハビリは続けていますが、これも自分を見つめ直す良い機会で、

リハビリには苦痛と忍耐がつきものなので、これをおよそ乗り越えられたというのは

自分にとってまた一つ良い経験となりました。

 

最後に来年に向けて。

大学に入ってからいろいろな人と交流し、様々な価値観に刺激されてきたと思っていますが、

やはり大学生という貴重な時間を無駄にしないために来年はより多くの人と関わり、その価値観に触れて自分を磨いていこうと思います。

 

 

たまには真面目に書いてみました!