スタッフBLOG

散パーと散ピニストの違い2016年10月26日

最近、胸糞悪い事件が多いですね。。。

SNSだってそうだけど、もうちょっと大学の存在の意義を考えてみたらどうでしょう?

人とのつながりは、現代社会において非常に大切な物なのは確かでしょう。だから、僕は、部活だったり、サークルだったり、ミスコンだったりetc. 確かに面白い企画だと思うし、今後とも続けていくと良いんじゃない?と思う一方、大学ってなんのために存在するのかを考えず、適当に選んで進学し、このような活動にのみ励んでる人間が多い気がする。

だったら、進学せずに働いた方が良いんじゃない?人生において一番大切であり、かつ一番潜在能力を秘めてるうちに。

結局、何も考えず進学して、なにも考えず就職して、働き始めたら精神病を患ったり、自殺したりするんでしょ?

RECの生徒には、もっと色々考えて、普通に生きてるだけの人間と、違いを作れる人間になって欲しい。

 

 

あと、今日どうしても話したいことが!

そうそう、ストレスが溜まったり、悩み事があるときには、是非散歩をしてほしい。

しかも、10分、20分の散歩じゃなくて、5時間、6時間以上、街や景色を楽しみながら、歩いて。

僕は、前者の短い時間の散歩をする人のことを散パーと呼び、後者の長い時間散歩をする人のことを散ピ二ストと呼んでおります。ええ(笑)

そして、平地の風景だけで飽きたものは、山に登り始める。そういう人のことを、僕は歩ピ二ストと呼んでおります。ええ(笑) 本当のアルピニストの皆さんごめんなさい。

とにかく、最近の大学生は、息の抜き方や遊び方を知らないから事件を起こす。

幼稚園生や小学生に遊びを教える塾でも作れば儲かるんじゃない?(笑)

新たな教育をすることで、今までいなかった、新たな才能が発掘されるかもね。

 

 

 

K