スタッフBLOG

東京都高校サッカー選手権大会2013年10月15日

先週の日曜日、縁あって高校サッカーの応援に行ってきました。選手権・・つまり正月サッカーにつながる、高校3年生にとっては最後の大会です。野球で言えば夏の甲子園の地区予選のようなものだと思います。

サッカーのことは良くわからないのですが、やっぱり高校生のスポーツはいいものです。高校最後の大会だから妥協がない。勝ったチームにも負けたチームにも拍手を送りたい。

13日の試合結果でベスト8に残った学校は以下の通り。↓

成立学園、実践学園、高輪、東海大高輪台、東久留米総合、東海大菅生、狛江、修徳・・以上Aブロックのベスト8

帝京、三鷹野津田、駒沢大校、国分寺、東京実業、暁星、國學院久我山・・・以上Bブロックのベスト8

特筆すべきはベスト16に5校も都立高校が入っていることです。近所の都立駒場高校は惜しくも國學院久我山高校に負けてしまいましたが、ここまで頑張ってきたというだけでも素晴らしいことだと思います。きっと将来の人生に生きてくると思います。

この大会で引退する3年生のほとんどは、これから受験勉強に入るのだろうけど、

サッカーの練習に比べれば勉強なんて楽なものです。


「好きで部活をやってきたんだから勉強もしっかりやりなさい!」言われてきたんだろうと思うけど、やっている本人からしたら、炎天下に走り回ったりする練習が好きなわけではないでしょう。

「国立に行く!」「西が丘に行く!」などの目標があるから、苦しい練習にも頑張ってこれたのではないでしょうか?

受験勉強も同じです。「○○大学に合格する!」意志が強ければ、苦しい勉強も頑張れるはずです。

 

ちなみに今度の日曜日は各ブロックで準々決勝があるらしいので

特に応援する学校があるわけではないですがまた応援に行ってきます。