スタッフBLOG

楽しさを求めること2016年07月05日

こんばんは。

今日は抽象的な話をさせてください。

よく「人生は何の意味があるのか」という問いを聞くことがあると思います。

社会に貢献するため、だとか、生まれてきたことそのことだけで意味があるのだ、とかの答えを聞きます。

私はというと、「人生には意味など無い」というのが答えだと思っていました。

どんなことであっても、私がやらなかったら別の誰かがやります。

もし、私しかできないことがあるとしたら、なかなか社会は回っていきませんね。(もちろん、誰でもできるというわけでは無いですが)

だから、「社会のため」ということは人生の理由にはならないと思うのです。

他の理由も、おなじように否定されると思います。

そして、そうであるからこそ、人生に意味なんかないからこそ、「好きなことを好きなだけして楽しんで生きればいいじゃん」と考えていました。

 

最近、なんとなくそういう生き方は楽しくならないのかも知れないなと思うようになりました。歳をとった気がします。

その理由を書けば色々面白いかもしれませんが、そうしてこの問いに対する答えの可能性を限定するのはつまらないので、この辺で終わりにしようと思います。