スタッフBLOG

点数2016年11月15日

 こんにちは、チューターの平尾です。昨日のブログと同じタイトルのものがあったので、間違えて2つ投稿してしまったのかと思ったのですが、鈴木くんも同じ話題で書いてくれたみたいですね。有り難いです。

 最近は月曜日と火曜日のシフトなので、ブログの話題に困ります。少し離れていると話題も見つかると思うのですが、連続だと見つかる前にもう一度勤務になってしまいますね。昨日は個人的な話をしたので今日は受験の話でも。

 11月も半ばに入り、過去問を始めている方も多いかと思いますが、出来の方はいかがでしょうか。もちろん、点数が良い方がいいのですが1教科の点数だけを気にしない方が良いです。基本的には複数の教科で受験をすると思いますが、当然ですが合否は総合点で決まります。点数の調整がある大学ですと著しく点数の低い教科があると厳しいかもしれませんが、私大であれば、それぞれ6割後半取れていて、総合で7割5分超えていれば、まず問題ないのではないでしょうか。もちろん、大学ごと、年度ごとに必要な点数は異なるでしょうが、ある程度の目安にはなるでしょう。

 この時期の過去問であれば合格点に届かないことも多いでしょうし、当然だとも思います。ただ、最終的にどの程度とれば良いのかを見誤っている方も多いように思えます。もちろん高ければ高い点数の方が良いですが、絶対に8割9割とらないといけないというような考えにとらわれるのは危険かもしれませんね。