スタッフBLOG

2016年11月30日

こんばんは、チューターの野村です。

 

私はアメフトのサークルに入っていたのですが(伊達君も同じサークルです)

 

その最後の試合に残念ながら敗れてしまいました。

 

この1年間サークルではありますが、自分なりにできることをしてきた結果の敗北に

 

僕はとても落ち込み、悔しさ・無念さで一杯になりました。

 

しかし一方でこれほど悔しくなれるだけ努力してこれたんだなと、

 

そんな自分を誇らしく思う面もありました。

 

なにかに挑戦する時に痛みや不安はつき物だと思います。

 

しかし、たとえ自分にはとても無謀だと思うような目標であっても

 

その目標に向かって邁進していく「熱」は

 

生きていくうえでかけがえの無いものだと思います。

 

受験生の皆さんもこれからは結果がどうなるなどといった不安などは忘れて

 

合格という目標に向かって一途に頑張りましょう(チューターや先生など使えるものは使っていきましょう)

 

私はそんなアツイ受験生を応援します。

 

野村