スタッフBLOG

直前の魔物・・・・?2015年02月06日

細胞のふるまいが自由奔放すぎてついていけない。

私多細胞生命体なのに。

なんで毎日単細胞ごときに振り回されなきゃいけないんだ・・・・!

***

来週に卒業研究発表を控えて、いよいよその準備も佳境に入っている今日この頃です。

上記は、最近(というかここ1年)の心の叫びです。

いやー、何事もうまくいかない時というのは嫌になってしまうものですね・・・

逆にその時が踏ん張りどころ、ということでもあるのですが。。。

 

さて、タイトルについてお話します。

これは、まさに私が現在体験していることなのですが、

来週の火曜日に発表があるにも関わらず、昨日、理解不能(もしかしたらすごくネガティブ(=これまでの仮説をひっくり返すかも))なデータをたたき出しました。

ました。

ました。

まじか。(涙目

このデータを解釈するためのデータが不足しているので発表には含めないことになりましたが、

これま考えていた流れは変更することになってしまいました。。

「なんでこんな直前に。。絶対このデータ出ると思ったのに。。。」

としょげていた私に、研究員の方がかけてくださったのは、

「僕もこういうこと何度かあったよ。直前の魔物っていうか、、『後はこれさえ出れば完璧!』ってところでがらがらっと崩れちゃうみたいなねー」

という言葉。

これだけ聞くとちょっと怖い話ですが、ただ研究員の方は「がらがらっと崩れちゃ」っても今も活躍されているので、

結局大丈夫だったということです。

実際私も、時間をおいて冷静になったら、考えられる新たな仮説から別の実験に発展させられそうだということ、

また、これまでの内容がひっくり返っていない可能性も十分にあることがわかったので、ちょっと安心しました。

結局「直前の魔物」というのは、直前で焦っている自分の視野狭窄なんじゃないかな、と思ったり。

 

こんな話が皆さんの役に立つかはわかりませんが、直前期というのは、本当によくわからない精神状態になることがあります。

そんなときは、一歩引いて、焦っていたり、もしかしたら悲観的に考えようとしたりしてしまっている自分に気づいてあげてください。

物事はすべて「とらえよう」です。真実なんてありませんから。

 

ではでは、ラストスパート、頑張っていきましょう!