スタッフBLOG

神様に近づく上田2016年06月18日

4年生になり、自分の将来を考え始めた上田。

やはり、自分の力でなにかをやりたいと思ったので、今まで生きてきた人たちの力を借りた。それは本という形だった。

そこで人間の普遍性を見つけようと思った。その際、「人間は何のために生まれたのか?」「人間は何のために存在しているのか?」と考えさせられた。

これについていくら考えても、答えはなかなか見つからない。。。やはり神様がいないとこんなに上手く創られた人間という存在の説明がつかない。

神様は自分に似せて、人間を創ったとされている。ただ僕も人間を創る術を知っている。もちろん神様のように無の状態から「物理的」に人間を創りだすのは無理だろう。ただ、人間を「精神的」な部分で創る術ならわかる。

今後20年、30年すれば人間よりも頭の良いロボットが生まれる可能性は高い。人間より優れているロボット、彼らはトンカチやコード、ねじ等で作ることは可能だろう。

では皆さんには、人間を創るには何が必要か考えて欲しい。

僕はそれを知っている。だからこそ、もっと影響力のある人間になったら人間を創ってみたい。そしたら、物理的にしか人間を創れなかった神様を越えて行く存在になる。

時間は有限。これを忘れずに神様に挑戦していこうと思う。

 

 

 

上田