スタッフBLOG

積み重ねは裏切らないっ!2014年05月19日

こんにちは!スタッフのIです。

5月も後半に差し掛かり、やっと五月晴れの日が増えてきましたね。日差しが強くて夏のような日も多々・・・。そう思っていたら梅雨入りで雨続きになったり。今の行楽日和がずっと続けばいいのにな~とおもいます(><)

さて、あたたかくなるとなんだか体を動かしたくなりませんか?私は社会人になってからゴルフを始めました。学生時代はずっと運動全般が苦手で(できるとしたら水泳か縄跳び…)定期的にスポーツをするという習慣がありませんでした。実際ゴルフもお話にならなくて、初めてゴルフのコースをまわったときはゴルフというより球遊びというかんじで、楽しいとかつらいとかいうより悲しくなりました笑。このままじゃ悲しいままで終わる!!と思い、思い切って週1のゴルフスクールに通い始めました。

スクールではコーチ1人に対して最大6人ほど生徒がいて、球を打っている中コーチが順番に見てアドバイスをくれるスタイルです。最初は、ほかの生徒さんたちは私より前から通っているからといえども自分も本当にこういう風になれるの…?と思うほどレベルが違う人たちばかりで、その人たちの中でスイングすることさえめちゃくちゃ恥ずかしかったです。でも出来ないから通ってるんだ!と開き直って通い続けました。

最初があまりに下手だったからか、きちんと球を打てるようになったときは感動モノでした笑。なかなか出来ない~と思ってても続けてるとある日突然できるようになっていたりするんですよね。でもそれは奇跡や突然変異でうまくなったわけではなく、今までのいろんな角度からの練習やコーチからの的確なアドバイスの積み重ねによってできるようになったんだろうなあと思いました。練習も真面目にしたからと言ってすぐに結果が出るわけではなく、自分の中で消化されて表に出るまで時間がかかるみたいです。

今もまだまだ充分下手くそですし、練習をしばらくさぼったこともありました笑。練習してもしてもうまくならなくてイヤになったり、、、でもそういう時は、ゴルフを始めたばかりの時の自分を思い出します。あの時よりはだいぶましになっている!(はず)と。練習したからといって自分の思った通り上達するとは限りませんが、逆を言えば練習しなきゃ何年たってもうまくなれないんですよね。がむしゃらに練習すればいいわけではなく、間違ったフォームになってしまったら軌道修正をしてくれるコーチのアドバイスに素直に従うことも大事です。

なぜこのようなことを長々書いたかというと、これはすべて勉強にも置き換えられると思ったからです。今は一応皆さんに教える立場をやらせてもらっていますが、こうやって生徒側の立場になる機会を作るととてもいい勉強になります。生徒の気持ちがよくわかるんです。先生側からしたら「甘えるなー!」と言われてしまうようなことばかり思ってしまうダメな生徒なのですが笑。

テスト前に「勉強しなきゃ!」とぎりぎりになって焦って勉強する生徒とおなじく、私も来週あるゴルフのコンペに向けて「練習しなきゃ!」と焦っているのですが笑、皆さんはぜひ自習室で勉強をしてわからないところをチューターの先生たちに質問して解決しましょう!(*^^*)その積み重ねがこれからを作っていくはずです!!