スタッフBLOG

脳に効くウォーキングを利用すると…♪2013年12月06日

以前、NHKのある番組では、脳を活性化させるには「俳句を作り続ける」「引き算をし続ける」方法を取り上げていました。これもいずれ試してみたいな♪と思うのですが、夜、ビールや泡盛を飲む自分としては、やはり体も動かしたいなと。そこでウォーキングの登場です♪一般的な話しとしては、ウォーキングをすると脳内ホルモンが分泌され、さらにこのホルモンの働きにより「体が目覚める」「やる気が出る」「集中力が高まる」「リラックスした気分になる」「ストレスが発散できる」などポジティブな感覚を得ることができるので、精神的な若さや心の健康を保つことに繋がります(ウォーキングのポイントとしては、自然な姿勢を一定に保ちながら腰で歩く感覚が大切です。あとは自分にあったシューズや無理なく歩き続けられそうな場所選びも大切です。徐々に慣らしていくと毎日一時間くらいは平気になります)。

P.S.自分自身いろいろ試した結果、次のことが分かってきました。①好きな音楽を聴けばさらに効果UP②上手にシューズを選べば足裏マッサージ効果で気持ちが良い(よだれが出そうな感覚)③腰痛が治る④ウォーキング中に数学を解くのも楽しい です。そして、テニスプレーにもいい影響が出てきてます♪