スタッフBLOG

大学生の夏休み2012年09月03日

こんにちはチューターのNです。といっても新たにN・Yさんが出てきてしまったにも関わらずNを名乗るのは申し訳ないので今回からN・Hとしましょうか。

9月に入りまして、高校生以下の皆さんは2学期が始まりましたが大学生は(一部の大学を除き)9月まで夏休みです。

2ヶ月も休みとは学費を払っている側としては悲鳴をあげたい気分ですが、宿題もなく(←ここ重要)これだけ何もやることがないのは貴重ですね。

夏休みの過ごし方について先日Kさんが書かれていましたが僕も長期休暇には国内旅行をよくします。

昨年の夏は山陽、南東北、新潟と計15日間くらい旅行し、今年は既に東海、北東北、北陸、山陰、北九州と計20日間ほど旅行してきました。

Kさんと違って僕が主に使うのは鈍行列車です。青春18切符などを駆使し、安く長く旅行を楽しんでいます。

お金を時間で買うことのできる大学生ならではの方法だと思います。

鈍行列車を使うメリットはそれだけではありません。

各路線はその地域に住む人々の生活路線であるため、乗客の人のから方言が聞こえてきたり、振る舞いを見ているとなんとなく地域差が見えてくるような気がします。

また、途中下車が可能なことが多いので、街を探検し、なぜこの都市が発展しているのか、なぜこういった町の形をしているのかなど訪れた都市について色々考えをめぐらせることも楽しいと思います。

 

また、大学生にもなると地方から上京してきている知り合いも増えます。そんな友達が地元に帰省しているのを狙ってそこにお邪魔するとより地元に詳しい無料のガイドさんと化してくれるわけです。

旅は一人で行くもよし、複数で行くもよし。

人それぞれ楽しみ方はあると思います。

 

個人的なオススメは山口県の秋芳洞と広島県の宮島です!あと受験生ならばやはり太宰府天満宮ですかね。ついでに博多でおいしいものを食べるとなおよし。どれも一度は行ってみて損がない場所だと思います。

 時間のある学生のうちに、ぜひ旅行を楽しんでください。

 

そういえばこのまえある塾のS先生がこんなことを言っていました。

 

「年齢×1つの都道府県に宿泊して、47歳の時には全ての都道府県に泊まっていると丁度いい」

 

僕は宿泊が29(来週には30になる予定)で行ったことのある所が37です。

年齢を考えたら順調なペースみたいですね。

皆さんはどうですか?

以上。チューターN・Hでした。