スタッフBLOG

第二回全統記述模試のおかげで受かった気がします。2014年08月28日

こんにちは。チュータの竹田です。

昨日今日と、寒い日が続きますね。急な温度の変化で体調を崩しやすいかもしれません。受験勉強に必要なのはまず継続して勉強できる体力です。手洗いうがいを心がけたり、少しでも怪しいとおもったらすぐに葛根湯を飲むなど、体調管理をしっかりしていきましょう。

さて、夏休みも終盤にさしかかってきました。夏の第一回目の大学別模試も通り過ぎ、普通の模試が9月頭にあると思います。

各大学の専用模試しか受けないひともいるかもしれませんが、この普通の模試、なかなか侮れません。とくに難易度の高い大学をうける場合、これぐらいは余裕で点を取りたいところです。ですが、なかなかそうもいかないのが現実なのです。

私が浪人のとき、夏休みは夏期講習と前期の復習で計画通り万全に過ごせ、このまま勢いづいていくぞとちょっと調子に乗りかけたときにこの模試がありました。余裕かと思いきや、なかなか取れない。なんでこんな標準的な問題取れないんだと、結構落ち込んだものです。

解答を読むと、それぐらい知ってたのにっ!という問題が多かったのです。夏の勉強でいろいろなものを詰め込んだ結果、知識をおぼえたり考えかたを知ったりは出来ていたのですが、それらを実際に自分の頭で使ってみるという学習が足りなかったことが、模試の復習でわかったような気がします。

返却は遅いので、自分で採点をして見直す必要はありますが、この時期に模試を受けるのは意外と効果的です。みなさんもぜひ秋からの学習の指針に利用してみてください。

9月は大学生の夏休み本番! めちゃくちゃ楽しみです。 これを読んでいるひともそんな大学生活が送れることを夢見て、あと数か月頑張ってください!!