スタッフBLOG

ヌクマム2015年02月09日

こんにちは。チューターのすずきです

きょうはちょっと寝不足気味です…………

 

お正月に櫻井くん主演でドラマ「大使閣下の料理人」やってましたよね(録画してまだ見ていませんが!

原作は大使館公邸の料理人が外交の席で料理を振る舞う”食卓外交”を描いた漫画です

ドラマ化されたからというわけじゃありませんが、夜通しで読み返してしまいました。笑

 

 

この漫画、出てくる和洋折衷の料理がとにかくおいしそうなんです………!

とくに前半はベトナムが舞台なのでヴェトナム料理、食べたくなりますね!

 

この「べトナム編」ではゲストとしてヴェトナムをめぐり国々の外交官が登場します

旧宗主国フランスの高慢なデュマ大使、ヴェトナム戦争で戦った経験を持つアメリカのアンダーソン大使…………

 

実際にヴェトナムは諸外国と複雑な歴史を歩んできた国です。

 

 

だから、世界史でもヴェトナムって意外と重要なんです!!

 

近代以前はくり返し中国の支配を受けてきました

8世紀に阿倍仲麻呂が漂着した安南(現在の首都ハノイ)は当時唐の一部でした

 

19世紀に入るとフランスの植民地支配を受け、日本の仏印進駐は日米開戦の原因にもなります

戦後はインドシナ戦争、ヴェトナム戦争を経て、南北統一後もカンボジアや中国との戦争が続きます

ヴェトナム民主共和国、ヴェトナム国、ヴェトナム共和国、ヴェトナム社会主義共和国と国名も紛らわしい…………

 

またヴェトナムの独立運動が出題される可能性もありますよね

世界史選択の人はヴェトナムの外交史をまとめておくと、複雑な東南アジアを整理するのに役立つと思います!