スタッフBLOG

SNS疲れ2016年09月06日

正しいことを行うのは難しいですね。

まず、何が正しいことなのでしょう。ちょっと学が立つ人であれば、どんなことにだってさえ詭弁で正しさを言うことができると思います。

国が変われば、男女が変われば、場面が変われば、間違っていたことが正しいとされることがあったりもします。

 

突き詰めていくと、これは宗教になるのでしょうか。なにを正しいと信じるか。神様の存在だけではありません。ポリティカルコレクトの話だったりLGBTの話だったり。

例えば、某アーティストと女性タレントの不倫事件や、某俳優の強姦容疑と母親の謝罪、それらに対して率直な意見でしかも何も間違っていないことを言うのは難しい。

なおさら、自分の身の回りで起こったことなんて言うのは客観的に見ることはできないですよね。

政治家も不用意なことを言うとすぐに叩かれてしまいます。

 

最近、全てのことに対して、きちんと正しいことを言うことに疲れている気がします。正しいことは綺麗ごとで、なにも言っていないに等しいですよね。

TwtterとFacebookを少しやめればいいのかもしれませんが、蓋をしているだけに過ぎない。なんだかなあ。