スタッフBLOG

RECもクリスマス仕様ですね2014年12月17日

こんばんは。チューターの河合です。

 

今日は久しぶりに暇な時間があるのでRECの中で見かけたクリスマスツリーのイルミネーションの話をしようと思います。

(窓際のチューター質問用の机に飾ってあるやつですね)

最近のイルミネーションの点滅はプログラムなどで制御されているものも多いとは思うのですが,

RECのイルミネーションの点滅にはあんまり規則性が見つからないので

どうやら古いタイプのイルミネーションじゃないかなーと思っています。

 

古いタイプのイルミネーションは,直列につないだ豆電球の中に一つだけ,

温度が高くなると回路が切れ,温度が下がると回路がつながるものを混ぜてあります。

電気を通すと電球は発熱するので,温度が一定以上まで上がる時間になると,回路が切れて直列の回路のために電球全部が消灯します。

ところが電気が通らないと少しずつ電球の温度が下がっていくので,しばらくするとまた回路がつながって電球が流れます。

 

電球の冷え方によって電球のつく間隔が変わって,不規則な点滅になるのですね。

 

(もし実はリズム一定の点滅でしたらごめんなさい。それはきっと最新のイルミネーションですね。)